こだわりの日傘

2018年7月15日 at 17:59

私にとっての夏の必需品は
日傘!!


『適度な紫外線はビタミンDを生成させてくれますが、

オゾン層が破壊されつつある、現代の強烈な紫外線を浴びることは、

お肌にとって、とっても大きなダメージをもたらす!!』

それを理解しているので、

紫外線が強い5月~10月の外出の際には、日傘は私の必需品なのです。

日傘、

短大の時、生活科学での授業のテストで

「暑くなく快適に、最も紫外線を防ぐことが出来る日傘は何色ですか?」
という設問のガありました。

私はその授業の時にすっかり眠ってしまっていたので、答えが分からず
『グレー』と回答し、

みごとにバツをもらいました。

正解は『表が白、中が黒』でした。

そんなエピソードを懐かしく思います。



一番初めに手にしたものは

パラソルと言われる布製のレース感たっぷり黒色の物でした。

その当時は

折りたたみで布製の、刺繍の施されたものが主流でしたが、

その時、ふと、疑問に思ったのです。


いくら『黒』といえども、

折り目から、かなり紫外線が透けている。
刺繍部分の穴から紫外線がピンポイントのように入って来る。

これでは紫外線を防ぐには効果が半減しているなぁと感じ、

かつ、開閉がとても困難で、かなりのストレスがかかっていました。
『ごめんね』と言って、手放し、


新たに、
長傘タイプのポリエステル素地の物を購入しました。

柄が竹素材で、エレガントで、
雨にも対応出来て、とてもいいのですが、

何といっても、持ち運びが負担。それを手にする片手が埋まる。


そんなことを感じていた時、

香水を買ったノベルティーとして、晴雨兼用の、上品な日傘を頂きました。

『やったぁ~!』嬉しくて、それを愛用していたのですが、

その品物はドスンという物音と共に、突然閉じてしまう。

何度も!

それは一瞬ドキッとする、衝撃なのです。

これはメンタル的に良くないと思い、手放しました。


そして、次に、

表が黒、中がシルバー、強烈に紫外線を防ぐ、

折り畳み型日傘を見つけ、金額も安かったので、
購入し、使っていまいた。

けど、

心の中では、
『これは機能はいいけどデザインは気に入っていない。
なんか、妥協して購入したんだよなぁ』という思いがあり、

愛着を感じられなかったのです。


何度も、心から気に入ったものを買おうかと思い、
売り場に行きましたが、
日傘として機能してくれる、今あるものがあるので、

必要ないんだよなぁと思い、

買うことはしませんでした。
ど、気に入った新しい日傘が欲しいという気持ちはマックスでした。


そんな、薄愛の気持ちからなのか、

先日出かけた際に、その日傘は私の手元から、いなくなりました。
不思議なことに、バックから消えていたのです。
(どこかに忘れただけだと思うのですが)

これは、
神様が
新しく、気に入ったものを買っていいんだよ!』と、

言ってくださったのだと感じ、

私にピッタリの日傘を買いに、出かけました。

もう値段で妥協しない!これがいい!と思うものを選ぼうと勤しみました。



あちらこちらの百貨店に行き、
相当数の日傘を開閉し、

ストレスのかからない日傘を選別することをしました。


それが、

日傘は数あれど、

いいなぁと思うものはなかなかないのですよ。

開くのに手間がかかる。
閉じる時に滑りが悪い。
閉じる時の、金属が痛い

たたむのがかなり面倒、
カバーが小さくて、収納にかなりのストレスがかかる

たかが日傘ですが私にとってはされど日傘なのです。nt>

老舗の、T百貨店では

時折定員さんがついて下さり、

私が開いた傘を閉じる作業をしてくださったのですが、

私の希望を聴くでもなく、意見をおっしゃるので、

「そうじゃないんだよなぁ」とほほ笑んで、

その場を離れようした際に、

私の顔をまじまじと見つめていました。

その方は何を感じていたのか?!こちらの方が悪く感じてしまいました。



値段で妥協するのではなく、

本当に『これなのよ!』と言う愛する日傘が欲して、

次の日もまた日傘探しへ行きました。

そして、
D百貨店で、ようやく出会うことができました。



ここに至るまで、何十個の日傘を開閉し試したしたことか?!

値段を見ないで、心地よくって、ストレスなく、ブランドに惑わされない。

気に入った日傘を探す旅。



今学んでいるコーチングで、セルフモチベーションを上げる事が出来ている私です。

だから、心地よさを選ぶことを最優先しました。

コーチングの質問の中には

「何の制限もないとしたらどうしたいですか?」というものがあります。

それにハッとして、制限を自ら作っていることに気づきました。

今回の日傘ストーリーの中で、人生の創造の仕方をまた一つ学びました。







?Gg[???ubN}[N??